アトリエ優  一級建築士事務所   

    

●K邸(古民家再生)
(福岡県小郡市)
 
大正時代に建てられた立派な農家の大規模改修です。

西側の土間とそれに続く土間の厨房は既に床を張られていました。

基礎は無く 石の礎石の上に柱が立っていましたが、調査の結果、地盤は強固で床の沈みもあまり無かったので

コンクリートのベタ基礎を新たに設け土台をはわせて柱に緊結しました。 
 
   

 ●改修後外観

骨組だけを残して、ほとんどをやりかえています。
1階の壁を白、2階を濃色として外観にメリハリをつけました。

   ●改修前外観

約100年の歴史があります。
     
     
  
●玄関から三和土

 
 
 
 ●階段

昇降しやすい勾配に架け替えました。

 
 
 
●ダイニング

奥に増築したダイニング室の明るさを確保するために
まとまったトップライトを設けました。 
 
 
     
●2階架構(改修前) 

解体直後の様子
●1階北側

基礎コンクリートを打った後
土台を緊結していきます。
  ●2階南東側(改修前)

解体後、建屋の傾きを見て、
筋交い(スジカイ)(斜めの角材)を
打って傾きを修正してから
改修作業に入っていきます。
     
作品集-特殊住宅に戻る  
     
     



アトリエ優 一級建築士事務所
 〒811-1302  :福岡市南区井尻2-49-41
 TEL・FAX    :092(501)1289
   mail       :atelieryou@s6.dion.ne.jp